外資系企業で働く英語力

『産休』って英語でなんていうの?





昨今、産休・育休の制度が普及してきていますが、中小企業等では依然としてそれらを取りにくいのが現状ですよね。
ところで、『産休』って英語で何ていうのでしょう?

“産休” だから英語で birth holiday?




正解は、マタニティーリーブ 『maternity leave』 といいます。

 



例文

I’ll take maternity leave for 6 months from next month.

(来月から半年の間、産休を取らせて頂きます。)
※maternity leave (名) 産休、出産休暇

例文

She came back to the office after 8 months of maternity leave.

(彼女は8か月の出産休暇後に職場復帰した。)

 
 

併せて覚えたい 
 

■育児休暇と言いたい場合は、

She is on childcare leave now.

(彼女は現在育児休暇中です。)
※childcare leave (名) 育児休暇、育児休業

I want to request an extension of parental leave, but am hesitant to ask.

(育児休暇を延長したいが言い出しづらい。)
※extension (名) 延長、延期
※parental leave (名) 育児休暇
※hesitant (形) ためらって、躊躇して

 
いかがでしたか?
明日から早速使ってみましょう!

関連記事

  1. 『~に伴い』って英語でなんていうの?

  2. 『所得税』って英語でなんていうの?

  3. 『~の範囲まで』って英語でなんていうの?

  4. 『わざと』って英語でなんていうの?

  5. 『あえて』って英語でなんていうの?

  6. 『ヒアリングをする』って英語でなんていうの?

おすすめ記事

  1. ブログコンセプトについて
ページ上部へ戻る