外資系企業で働く英語力

『あえて』って英語でなんていうの?





円滑な人間関係を築くためには、あえて言いづらい事などをいかに印象よく伝えられるかが鍵となってきますよね。
ところで、『あえて』って英語で何ていうのでしょう?

“あえて” だから英語で wasting time?




正解は、パーパスリー『purposely』といいます。

 



例文

She purposely told me something which was hard for her to say for my sake.

(彼女は言いづらいことをあえて私の為に言ってくれた。)
※purposely (副) あえて、わざと
※sake (名) 利益

例文

He changed his career and purposely chose the unheard-of company.

(彼はあえて無名な会社を転職先に選んだ。)
※unheard-of (形) 前代未聞の、無名の

 
 

併せて覚えたい 
 

■他の言い方で表現したい場合は、

Thank you for coming all the way here.

(わざわざお越しいただきありがとうございます。)
※all the way (熟) わざわざ、はるばる

There must be a reason to choose this way on purpose.

(わざわざこの方法を選んだのには理由があるはずだ。)
※on purpose (熟)故意に

 
いかがでしたか?
明日から早速使ってみましょう!

関連記事

  1. 『動じない』って英語でなんていうの?

  2. 『乗り切る』って英語でなんていうの?

  3. 『うわべだけ』って英語でなんていうの?

  4. 『内輪で』って英語でなんていうの?

  5. 『新人に仕事を教える』って英語でなんていうの?

  6. 『まさか』って英語でなんていうの?

おすすめ記事

  1. ブログコンセプトについて
ページ上部へ戻る