menu

外資系企業で働く英語力

『義務』って英語でなんていうの?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加





面倒で避けて通りたい事柄も、いったん義務化されてしまえば
守らなければいけないのが社会のルールですよね。
ところで、『義務』って英語で何ていうのでしょう?

“義務” だから英語で rule?




正解は、マンダトリー『mandatory』 といいます。

 




例文

It’s mandatory to attend this meeting.

(この会議に出るのは義務です。)
※mandatory (名) 義務的な、強制的な

Employees are asked to have a check-up by the company but it’s not mandatory.

(社員は会社から健康診断を受けるよう言われていますが、強制ではありません。)

 
 

併せて覚えたい 
 

■他の言い方で表現したい場合は、

In order to be a permanent employee, 1 month training is obligatory.

(社員になるには1か月の研修が義務づけられている。)
※obligatory (形) 義務的な

You are required to submit the application form by tomorrow.

(明日までに申し込み用紙を提出する必要がある。)
※required (形) 必須の

■自発的と言いたい場合は、

A man who can work spontaneously gets promoted.

(自発的に仕事ができる人が出世する。)
※spontaneously (副) 自発的に
※promote (動) 昇進させる

 
 
いかがでしたか?
明日から早速使ってみましょう!

関連記事

  1. 『日帰り出張』って英語でなんていうの?

  2. 『販路』って英語でなんていうの?

  3. 『スケジュールがびっしり』って英語でなんていうの?

  4. 『斬新』って英語でなんていうの?

  5. 『不景気』って英語でなんていうの?

  6. 『目立つ』って英語でなんていうの?

おすすめ記事

  1. ブログコンセプトについて
ページ上部へ戻る