menu

外資系企業で働く英語力

『強み』って英語でなんていうの?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加





自分や自社の強みと弱みを知っておくことは、
ビジネスをする上でとても大事なことですよね。
ところで、『強み』って英語で何ていうのでしょう?

“強み” だから英語で power?





正解は、アドヴァンテージ 『advantage』といいます。

 




例文

What is your company’s competitive advantage?

(御社の競争上の強味は何ですか?)
※competitive advantage (名) 競争上の優位性

Our company’s advantage is No,1 customer satisfaction in the industry.

(弊社の強みは業界一の顧客満足度です。)
※satisfaction (名) 満足感

 
 

併せて覚えたい 
 

■活かすと言いたい場合は、

Let’s take advantage of this opportunity and learn how to facilitate meetings.

(この機会を活かして会議の進行の仕方を学ぼう。)
※take advantage (熟) ~を活かして

■利点と言いたい場合は、

The advantage of a small company is you can have closer cooperation with members.

(会社が小さい利点はメンバーと密に連携がとれることだ。)
※closer cooperation (名) 緊密な連携

不利な点と言いたい場合は、

I feel that being a woman is sometimes a disadvantage in society.

(社会では女性は時に不利だと感じる。)
※society (名) 地域社会

 
 
いかがでしたか?
明日から早速使ってみましょう!

関連記事

  1. 『価格交渉』って英語でなんていうの?

  2. 『迫る』って英語でなんていうの?

  3. 『ノルマを達成する』って英語でなんていうの?

  4. 『気が楽だ』って英語でなんていうの?

  5. 『気まずい』って英語でなんていうの?

  6. 『ニッチな市場』って英語でなんていうの?

おすすめ記事

  1. ブログコンセプトについて
ページ上部へ戻る