menu

外資系企業で働く英語力

『具体的な』って英語でなんていうの?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加





人になにかを説明する時には、具体的な例や数字をあげると
相手に伝わりやすくなりますよね。
ところで、『具体的な』って英語で何ていうのでしょう?

“具体的な” だから英語でobjective?




正解は、タンジボー 『tangible』といいます。

 




例文

Could you give me a more tangible example?

(もっと具体的な例をあげてもらえますか?)
※tangible (形) 具体的な

Let’s proceed the negotiation in a more tangible way.

(もっと具体的に交渉を進めましょう。)
※proceed (動) 進む

 
 

併せて覚えたい 
 

■他の言い方で表現したい場合は、

Could you explain more specifically?

(より具体的な説明をお願いします。)
※specifically (副) 具体的な

Concretely, the report was wrong and we couldn’t get approval from the boss.

(具体的に言えば、あの報告書が間違っていたせいで上司から承認されなかった。)
※concretely (副) 具体的に

■具体化と言いたい場合は、

This service embodies a spirit of Japanese compassion.

(このサービスは日本人の思いやりの精神を具体化したものです。)
※embody (動) 具体化する
※compassion (名) 思いやり

 
 
いかがでしたか?
明日から早速使ってみましょう!

関連記事

  1. 『仕事を回してもらう』って英語でなんていうの?

  2. 『身をおく』って英語でなんていうの?

  3. 『アフターフォロー』って英語でなんていうの?

  4. 『型破りな』って英語でなんていうの?

  5. 『感動する』って英語でなんていうの?

  6. 『今度でいい』って英語でなんていうの?

おすすめ記事

  1. ブログコンセプトについて
ページ上部へ戻る