menu

外資系企業で働く英語力

『まさか』って英語でなんていうの?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加





まさかこんなところであの人に偶然会うなんて思いもしなかった、なんてことたまにありますよね。
ところで、『まさか』って英語で何ていうのでしょう?

“まさか” だから英語で OMG?




正解は、ナット イクスペクト トゥ 『not expect to』 といいます。

 



例文

I didn’t expect to know that you are my interviewer.

(まさかあなたが私の面接官だとは思いませんでした。)
※not expect to (熟) まさか~するとは思わない

例文

No one expected to hear that she was selected as a project leader.

まさか彼女がプロジェクトリーダーに選ばれるなんて誰も思いもしませんでした。)
※select (動) 選ぶ、選抜する

 
 

併せて覚えたい 
 

■他の言い方で表現したい場合は、

Believe it or not, those two are going to marry.

(まさかと思うでしょうが、あの二人が結婚するんですよ。)
※believe it or not (熟) まさかと思うでしょうが、信じようと信じまいと

No way! It can’t be! I never would have expected it.

(まさか!そんなはずない!)
※no way (熟) 決して~ない、まさか 

 
いかがでしたか?
明日から早速使ってみましょう!

関連記事

  1. 『的外れ』って英語でなんていうの?

  2. 『派遣社員』って英語でなんていうの?

  3. 『空気を読む』って英語でなんていうの?

  4. 『みくびる』って英語でなんていうの?

  5. 『まれにしか』って英語で何ていうの?

  6. 『請求書を回す』って英語でなんていうの?

おすすめ記事

  1. ブログコンセプトについて
ページ上部へ戻る