menu

外資系企業で働く英語力

カテゴリー:部下との会話

人は皆それぞれにふさわしい役割、給料をもらって仕事をしていますよね。ところで、『ふさわしい』って英語で何ていうのでしょう?“ふさわしい” だから英語で suit?・・・・・正解は、…

社会で生き残っていくためには自分の価値観にとらわれず、視野を広げていく必要がありますよね。ところで、『視野を広げる』って英語で何ていうのでしょう?“視野を広げる” だから英語で open your eyes?…

何をするにも決断するまで時間がかかる優柔不断な人ってたまにいますよね。ところで、『優柔不断』って英語で何ていうのでしょう?“優柔不断” だから英語でkind and soft?・・・・・…

ビジネスはスピードが命ですから、正確に結論を出すのが早い人は重宝されますよね。ところで、『結論を出すのが早い』って英語で何ていうのでしょう?“結論を出すのが早い” だから英語で quick decisio…

常に明確に目標を決めて、日々の行動を自ら反省し、常に効率化を求めるタイプの人は周りから見てもストイックでかっこいいものですよね。ところで、『目標志向』って英語で何ていうのでしょう?“目標志向” だから英語で …

もし自分が会社の採用担当者だった場合、できる限り将来有望な若者を雇用したいと願うものですよね。ところで、『有望な』って英語で何ていうのでしょう?“有望な” だから英語で hope?・・・・…

利益を上げるには、無駄を削り、プロセスの合理化を図って生産性を上げる必要がありますよね。ところで、『合理化する』って英語で何ていうのでしょう?“合理化する” だから英語で reasonable?・・…

自分が引き受けた仕事は、中途半端にせず最後まで責任をもって終わらせるのが大人としてのマナーですよね。ところで、『中途半端』って英語で何ていうのでしょう?“中途半端” だから英語で in the middle?…

相手に自分の言いたい事を理解してもらうためには、具体的な数字や例えを使うことが有効ですよね。ところで、『具体的な』って英語で何ていうのでしょう?“具体的な” だから英語で objective?・・…

将来のことを話す時や、新しい企画を考える時など、アイディアを出す時には想像力を働かせる必要がありますよね。ところで、『想像する』って英語で何ていうのでしょう?“想像する” だから英語で imagination…

さらに記事を表示する
ページ上部へ戻る