menu

外資系企業で働く英語力

『重きを置く』って英語でなんていうの?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加





物事のどこに重きを置くかは、人の価値観によって様々ですよね。
ところで、『重きを置く』って英語で何ていうのでしょう?

“重きを置く” だから英語で put the heavy stuff?




正解は、バリュー 『value』といいます。

 




例文

I value a sales person’s honesty and chose products accordingly.

(私は営業マンの誠実さに重きを置いて商品を選んでいます。)
※value (動) ~を尊重する

We value relationships more than money.

(私たちはお金よりも関係性を大切にしています。)

 
 

併せて覚えたい 
 

■他の言い方で表現したい場合は、

The company’s only emphasis is on profit, not quality.

(あの会社は品質ではなく利益ばかりを重視している。)
※emphasis (動) ~を強調する

The manager highlighted the importance of improving workflow.

(マネージャーは業務フローを改善することの重要性を強調した。)
※highlight (動) ~を強調する

■無価値と見なすと言いたい場合は、

My boss disvalued my proposal.

(上司は私の提案書を無価値なものとみなした。)
※disvalue (動) ~を無価値と見なす、軽視する

 
 
いかがでしたか?
明日から早速使ってみましょう!

関連記事

  1. 『部下を思いやる』って英語でなんていうの? 

  2. 『視野を広げる』って英語でなんていうの?

  3. 『広告を出す』って英語でなんていうの?

  4. 『認める』って英語でなんていうの?

  5. 『気まずい』って英語でなんていうの?

  6. 『異動する』って英語でなんていうの?

おすすめ記事

  1. ブログコンセプトについて
ページ上部へ戻る