menu

外資系企業で働く英語力

『誤字脱字』って英語でなんていうの?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加





ビジネスメールを書いて送信する前に必ずしなければいけないのが誤字脱字のチェック。
“誤字脱字”は英語で何というのでしょう?

間違った言葉だからWrong words? それとも Error words?






正解は、タイポ『typo』といいます。

 




例文

I found a tiny typo.

(小さなタイプミスを見つけた。)
※typo (名) / タイプミス、誤字 (Typographical errors の略)
 

I made a typo.

(タイプミスをした。)

I checked a document for typos.

(書類の誤字脱字の確認をした。)

また、誤字脱字の多いタイピングのことを『Lousy typing』ともいいます。
※lousy (形) 劣っている、質の悪い
 

 

併せて覚えたい 
 

併せて覚えたいのが、チェックをしたにも関わらず、タイポミスを指摘されてしまった際の返答の仕方。

I found a typo in the document.

(書類に一部誤字を見つけました。)

と、ご指摘を受けたら

The typo was corrected. Thank you very much for letting me know.

(誤字を修正いたしました。ご指摘頂きありがとうございました。)
※let someone know(熟)~に知らせる、通知する

と、返答しましょう。

 

いかがでしたか?
明日から早速使ってみましょう!

関連記事

  1. 『大口契約を取る』って英語でなんていうの?

  2. 『予定を組む』って英語でなんていうの?

  3. 『やり抜く』って英語でなんていうの?

  4. 『取り除く』って英語でなんていうの?

  5. 『経費を申請する』って英語でなんていうの?

  6. 『邪魔する』って英語でなんていうの?

おすすめ記事

  1. ブログコンセプトについて
ページ上部へ戻る