menu

外資系企業で働く英語力

『話をハッキリさせる』って英語でなんていうの?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加





相手の発言がいまいちよくわからなくて、言いたい事をハッキリさせてから
発言してほしいって思う時がたまにありますよね。
ところで、『話をハッキリさせる』って英語で何ていうのでしょう?

“話をハッキリさせる” だから英語でclear the story?





正解は、ゲット シングス ストレイト 『get things straight』といいます。

 




例文

Let me get things straight.

(話を明確にさせていただきます。)
※get~straight (熟) ~をはっきりさせる

Let me get this straight.

(つまりこういう事です。[=これからハッキリ説明させていただきます。])

 
 

併せて覚えたい 
 

■話の出元をハッキリすると言いたい場合は、

Let’s make the source clear on this story.

(話の出元をはっきりさせよう。)
※clear (形) 明快な
※source (名) 情報源

■境界線をハッキリすると言いたい場合は、

You should define the boundaries between friends and business associates.

(友人と仕事仲間の境界線をハッキリさせたほうがいい。)
※define (動) 明確にする
※boundary (名) 境界線

■不明点をハッキリすると言いたい場合は、

Let’s clarify the unclear points and move on to the next.

(不明な点をはっきりさせてから次に進みましょう。)
※clarify (動) はっきりさせる

 
 
いかがでしたか?
明日から早速使ってみましょう!

関連記事

  1. 『~するところだ』って英語でなんていうの?

  2. 『強み』って英語でなんていうの?

  3. 『企画を通す』って英語でなんていうの?

  4. 『連続して』って英語でなんていうの?

  5. 『付加価値』って英語でなんていうの?

  6. 『部下をやる気にさせる』って英語でなんていうの?

おすすめ記事

  1. ブログコンセプトについて
ページ上部へ戻る