menu

外資系企業で働く英語力

『補う』って英語でなんていうの?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加





部下が失敗をしてしまった時、いかにその失敗を補うかで上司の手腕が問われますよね。
ところで、『補う』って英語で何ていうのでしょう?

“補う” だから英語で add?




正解は、コンペンセイト『compensate』といいます。

 



例文

Let me compensate for the failure last time.

(この間の失敗を穴埋めさせてください。)
※compensate (動) 補う、埋め合わせする
※failure (名) 失敗

The business expenses has been cut in order to compensate for the deficit.

(会社の赤字を穴埋めするために経費を削られた。)
※business expenses (名) 必要経費
※deficit (名) 赤字、損失

 
 

併せて覚えたい 
 

■他の言い方で表現したい場合は、

Let’s make up for his task while he is away.

(彼の不在の間、みんなで彼の仕事を補ってあげよう。)
※make up for (熟) 補う、埋め合わせする

I am redeeming my weak points by studying hard.

(自分の短所を猛勉強して補う。)
※redeem (動) 補う、埋め合わせる

We have offset the hacking risk by updating the security software.

(セキュリティーソフトを更新してハッキングのリスクを補った。)
※offset the risk with (熟) ~でリスクを補う

 
いかがでしたか?
明日から早速使ってみましょう!

関連記事

  1. 『たまには』って英語でなんていうの?

  2. 『~のことになると』って英語でなんていうの?

  3. 『食いつきがイイ』って英語でなんていうの?

  4. 『無視する』って英語でなんていうの?

  5. 『証明する』って英語でなんていうの?

  6. 『ほのめかす』って英語でなんていうの?

おすすめ記事

  1. ブログコンセプトについて
ページ上部へ戻る