menu

外資系企業で働く英語力

『残業』って英語でなんていうの?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加





一日のタスクが多すぎて、残業なしで帰ることなんて年に数回あるかないか…
なんて人も少なくありませんよね。
ところで、『残業』って英語で何ていうのでしょう?

“残業” だから英語で left working?




正解は、オーバータイム 『overtime』といいます。

 




例文

Oh man, I have to work overtime today too.

(今日も残業だ。)
※overtime (名) 残業、規定外労働

I want to go home without overtime once in a while.

(たまには残業しないで帰ってみたい。)
※once in a while (熟) たまには

 
 

併せて覚えたい 
 

■残業手当をもらうと言いたい場合は、

It’s impossible that they don’t give overtime pay.

(残業手当がもらえいなんてあり得ない!)
※overtime pay (名) 残業手当

■残業申請をすると言いたい場合は、

It’s tiring to have to apply for permission to work overtime every time.

(残業する度に残業申請をしなければいけないのはとても面倒だ。)
※tiring (形) 疲れる
※apply for permission (熟) 許可を申請する

■早退すると言いたい場合は、

I got off early on Monday because I felt sick.

(体調が悪かったので月曜日は仕事を早退した。)
※get off early (熟) 早上がり、早退

 
 
いかがでしたか?
明日から早速使ってみましょう!

関連記事

  1. 『分かりましたか?』って英語でなんていうの?

  2. 『大口契約を取る』って英語でなんていうの?

  3. 『給料が上がる』って英語でなんていうの?

  4. 『何か出来ることはありますか?』って英語でなんていうの?

  5. 『気配りができる』って英語でなんていうの?

  6. 『禁止されている』って英語でなんていうの?

おすすめ記事

  1. ブログコンセプトについて
ページ上部へ戻る