menu

外資系企業で働く英語力

『手段』って英語でなんていうの?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加





営業目標が足りない月などは、多少強引な手段を使ってでも目標を達成しなければいけない時もありますよね。
ところで、『手段』って英語で何ていうのでしょう?

“手段” だから英語で method?




正解は、メジャー 『measure』 といいます。

 



例文

What kind of measures are you taking this time?

(今回はどんな手段を使うのですか?)
※measure (名) 手段、方策

Make the contract even if you have to take slightly a heavy-handed measures.

(多少強引な手段を使ってでも契約を取って来なさい。)
※slightly (副) 多少、少し
※heavy-handed (形) 手荒な、強引な

 
 

併せて覚えたい 
 

■手段が尽きたと言いたい場合は、

We tried everything, but we are at the end of our resources.

(いろいろ試したがもう手段が尽きてしまった。)
※at the end of one’s resources (熟) 手段が尽きて

■手段を変えると言いたい場合は、

Let’s switch gears and approach our customers again.

(手段を変えてまた顧客にアプローチしてみよう。)
※switch gears (熟) 手段を変える

 
いかがでしたか?
明日から早速使ってみましょう!

関連記事

  1. 『常にアンテナを張っておく』って英語でなんていうの?

  2. 『何か出来ることはありますか?』って英語でなんていうの?

  3. 『曖昧』って英語でなんていうの?

  4. 『中途半端』って英語でなんていうの?

  5. 『取り組む』って英語でなんていうの?

  6. 『ハッタリ』って英語でなんていうの?

おすすめ記事

  1. ブログコンセプトについて
ページ上部へ戻る