menu

外資系企業で働く英語力

『念のため』って英語でなんていうの?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加





仕事をする際は、念のためにデータをバックアップしたり、二重で確認したりして
不測の事態に備えることが大事ですよね。
ところで、『念のため』って英語で何ていうのでしょう?

“念のため” だから英語で for precaution?





正解は、ジャスト イン ケース 『just in case』といいます。

 




例文

Could you double-check the documents just in case?

(念のため書類のダブルチェックをしておいてください。)
※just in case (熟) 念のため

I’ll take backups of the data just in case.

(念のためデータのバックアップを取っておこう。)

 
 

併せて覚えたい 
 

■他の言い方で表現したい場合は、

Could you look through the document again just for the record?

(念のためもう一度書類に目を通していただけますか?)
※look through (熟) ~に目を通す
※just for the record (熟) 念のために

I’ll send the confirmation email later just to make sure.

(念のため確認のメールを後ほどお送りさせていただきます。)
※confirmation (名) 確認
※just to make sure (熟) 念のため

■念には念を入れると言いたい場合は、

When you handle personal information, you had better make extra sure to manage them carefully.

(個人情報を扱うときは、念には念を入れて管理したほうがいいよ。)
※personal information (名) 個人情報
※make extra sure (熟) 念には念を入れる
※manage (動) 扱う

 
 
いかがでしたか?
明日から早速使ってみましょう!

関連記事

  1. 『企画を通す』って英語でなんていうの?

  2. 『控える』って英語でなんていうの?

  3. 『具体的な』って英語でなんていうの?

  4. 『何か出来ることはありますか?』って英語でなんていうの?

  5. 『順調に』って英語でなんていうの?

  6. 『彼が適任です』って英語でなんて言うの? 

おすすめ記事

  1. ブログコンセプトについて
ページ上部へ戻る