menu

外資系企業で働く英語力

『彼が適任です』って英語でなんて言うの? 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加





急きょ舞い込んだ仕事に、スキルもスケジュールもピッタリな同僚を推薦する場合
『彼が適任です』って英語で何と言えばいいのでしょうか?
“適している” だから right? それとも applicable?





正解は、ライトパーソン『Right person』といいます。

 




例文

I think he is the right person for the project.

(そのプロジェクトには彼が適任だと思います。)
 
 

併せて覚えたい 
 

■他の人から自分が適していると言われたが断りたい場合は、

I’m not up to it.

(私は適任じゃありません。)
※up to ~に合致して、~に一致して、遂行することができる

■他の女性が適していると言いたい場合は、

She is qualified for the position.

(そのポジションは彼女が適任だと思います。)
※qualified (形) 適任の、資格要件を満たした

■彼より自分の方が適任だと思う場合は、

I think I am better qualified than him.

(自分の方が彼より適任だと思います。)
※better than ~より良い

 
 

いかがでしたか?
明日から早速使ってみましょう!

関連記事

  1. 『書留で送る』って英語でなんていうの?

  2. 『注意深い』って英語でなんていうの?

  3. 『印象付ける』って英語でなんていうの?

  4. 『顧客を満足させる』って英語でなんていうの?

  5. 『頭から離れない』って英語でなんていうの?

  6. 『妥協する』って英語でなんていうの?

おすすめ記事

  1. ブログコンセプトについて
ページ上部へ戻る