menu

外資系企業で働く英語力

『伏せる』って英語でなんていうの?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加





ビジネスシーンでは、話を円滑に進めるためにあえて伏せておいたほうがいい情報も時にはあったりしますよね。
ところで、『伏せる』って英語で何ていうのでしょう?

“伏せる” だから英語で lie low?




正解は、ウィズホールド 『withhold』といいます。

 



例文

You shouldn’t withhold the facts.

(その事実は伏せておくべきではありません。)
※withhold (動) 伏せる、差し控える

We had better withhold the two companies’ relationship on purpose.

(2社の関係をあえて伏せておいたほうがいい。)
※on purpose (熟) あえて、わざと

 
 

併せて覚えたい 
 

■他の言い方で表現したい場合は、

Let’s keep the company’s name anonymous and proceed with the story.

(社名を伏せて話を進めます。)
※anonymous (形) 匿名の、無名の
※proceed (動) 進む、はかどる

Let’s conceal his father’s name to make things fair.

(公平を期すために彼の父親の名前は伏せておきましょう。)
※conceal (動) 隠す、伏せる

 
いかがでしたか?
明日から早速使ってみましょう!

関連記事

  1. 『気配りができる』って英語でなんていうの?

  2. 『ヒアリングをする』って英語でなんていうの?

  3. 『悪化する』って英語でなんていうの?

  4. 『定期的に』って英語でなんていうの?

  5. 『広告キャンペーンを打つ』って英語でなんていうの?

  6. 『印象付ける』って英語でなんていうの?

おすすめ記事

  1. ブログコンセプトについて
ページ上部へ戻る