menu

外資系企業で働く英語力

『よくある』って英語でなんていうの?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加





新サービスを始める時などに、いくら準備をしてテストを重ねてもうまく行かないというのはよくあることですよね。
ところで、『よくある』 って英語で何ていうのでしょう?

“よくある” だから英語で often there?




正解は、ハプン オール ザ タイム 『happen all the time』 といいます。

 



例文

Don’t worry. It happens all the time.

(気にしないで、よくあることだよ。)
※happen all the time (熟) よくあること、ありがち

例文

It happens all the time that the newcomer makes mistakes.

(新人がミスをするなんてよくあることだよ。)
※newcomer (名) 新人、新顔
※make a mistake (熟) 誤りをする

 
 

併せて覚えたい 
 

■皆もそうだよと言いたい場合は、

Aren’t we all?

(私たち皆そうじゃない?)

It’s not only you. We have all been there.

(あなただけじゃないよ。みんな同じような経験をしているよ。)

 
いかがでしたか?
明日から早速使ってみましょう!

関連記事

  1. 『育む』って英語でなんていうの?

  2. 『進行役を務める』って英語でなんていうの?

  3. 『明確にする』って英語でなんていうの?

  4. 『出てくる』って英語でなんていうの?

  5. 『余波』って英語でなんていうの?

  6. 『多数決』って英語でなんていうの?

おすすめ記事

  1. ブログコンセプトについて
ページ上部へ戻る