外資系企業で働く英語力

『言いづらい』って英語でなんていうの?




相手のミスや至らないところを指摘したいけれど
立場や社会性を保つために言いづらい事ってありますよね。

ところで、『言いづらい』って英語で何ていうのでしょう?

“言いづらい” だから英語で difficult speaking?




正解は、『hard to say』といいます。

 



例文

It’s hard to say but the due date of this task is tomorrow.

(言いづらいのですがこの仕事の納期は明日です。)
※hard to say (熟) 言いづらい、言いにくい

It’s hard to say but I want to take long vacation.

(言いづらいのですが長期休暇を取りたいです。)

 
 

併せて覚えたい 
 

■他の言い方で表現したい場合は、

I hate to bring this up but we decided to take you off from this team.

(申し上げにくいのですがあなたをこのチームから外すことになりました。)
※hate to bring this up (熟) 言いにくい、申し上げにくい

She hesitated to say no to the job offer.

(彼女は仕事の誘いを断ると言うことをためらっていた。)
※hesitate to say (熟) ためらう、言い渋る

 
いかがでしたか?
明日から早速使ってみましょう!

関連記事

  1. 『顧客のニーズを把握する』って英語でなんていうの?

  2. 『引かれる』って英語でなんていうの?

  3. 『販路』って英語でなんていうの?

  4. 『忘年会』って英語でなんていうの?

  5. 『大胆な』って英語でなんていうの?

  6. 『結論を出すのが早い』って英語でなんていうの?

おすすめ記事

  1. ブログコンセプトについて
ページ上部へ戻る