menu

外資系企業で働く英語力

カテゴリー:オフィスでの会話

普段はめんどくさくて後回しにしてしまう事柄も、期日が迫っているとがぜんやる気スイッチがはいったりすることってありますよね。ところで、『迫る』って英語で何ていうのでしょう?“迫る” だから英語で close?…

仕事でミスをしたり何か辛いことがあった時でも、誰か1人でも「あなたの味方だよ」っていってくれる存在がいるだけで頑張れたりしますよね。ところで、『味方だよ』って英語で何ていうのでしょう?“味方だよ” だから英語で …

急いでいる時や、込み入った話の時などはつい「今度でいいよ」って後回しにしてしまうことがありますよね。ところで、『今度でいい』って英語で何ていうのでしょう?“今度でいい” だから英語で next ok?・・…

まだ考えがまとまっていなくても、一応返事をしておいたほうがいい場面って時にはありますよね。ところで、『一応』って英語で何ていうのでしょう?“一応” だから英語で maybe? ・・・・・…

製品を販売する時は、絶対にそれがものだという前提でお客様に紹介するべきですよね。ところで、『前提』って英語で何ていうのでしょう?“前提” だから英語で base?・・・・・正解は、プレ…

交渉の場では嘘をつくことはいけませんが、時にはハッタリが必要な場面もありますよね。ところで、『ハッタリ』って英語で何ていうのでしょう?“ハッタリ” だから英語で pretend?・・・・・…

ビジネスシーンでは、話を円滑に進めるためにあえて伏せておいたほうがいい情報も時にはあったりしますよね。ところで、『伏せる』って英語で何ていうのでしょう?“伏せる” だから英語で lie low?・・・…

どんな困難な状況にあっても揺るがない人って頼もしいですよね。ところで、『揺るがない』って英語で何ていうのでしょう?“揺るがない” だから英語で not move?・・・・・正解は、…

目標に向かって切磋琢磨するのはいい事ですが、時にはリラックスする時間も必要ですよね。ところで、『時には』って英語で何ていうのでしょう?“時には” だから英語で in timing?・・・・…

急遽夕方に頼まれた仕事だけど明日の朝一までに仕上げておかなきゃ・・・なんて急を要する依頼もたまにはありますよね。ところで、『朝一で』って英語で何ていうのでしょう?“朝一で” だから英語で morning firs…

さらに記事を表示する
ページ上部へ戻る