menu

外資系企業で働く英語力

カテゴリー:オフィスでの会話

全く非の打ちどころのない人って憧れますが、ちょっとくらい欠点がある方が案外魅力的だったりするものですよね。ところで、『非の打ちどころのない』って英語で何ていうのでしょう?“非の打ちどころのない” だから英語で n…

新サービスを始める時などに、いくら準備をしてテストを重ねてもうまく行かないというのはよくあることですよね。ところで、『よくある』 って英語で何ていうのでしょう?“よくある” だから英語で often there?…

人口密度が世界一と言われている東京では、満員の電車やお店を見かける機会も多いものですよね。ところで、『満員』って英語で何ていうのでしょう?“満員” だから英語で many many people?・・…

日本人は直接的なものの言い方を嫌う傾向にあるため、他国の人からは不思議に思われる場面が多々ありますよね。ところで、『直接的に』 って英語で何ていうのでしょう?“直接的に” だから英語で in person?・…

お客様によい提案をし続けるためには、常に新しいアイディアや市場のニーズを模索する努力が必要ですよね。ところで、『模索する』って英語で何ていうのでしょう?“模索する” だから英語で try to look trac…

仕事でミスをしないでいようとすると、かえってそのプレッシャーが更なるミスを呼んで悪循環に陥るケースがありますよね。ところで、『悪循環』って英語で何ていうのでしょう?“悪循環” だから英語で bad rotatio…

そんなにドハマりしている訳ではないけれど、なんだかクセになってしまうフレーズや音楽ってありますよね。ところで、『クセになる』って英語で何ていうのでしょう?“クセになる” だから英語で be habit?・…

会議などで秀逸なアイディアを出すためには、日ごろから知見を広めておくことが大事ですよね。ところで、『秀逸』って英語で何ていうのでしょう?“秀逸” だから英語で cool?・・・・・…

何事にも全力を尽くし普段から人の何倍も努力している人は、当然周りからの評価も高く人望も厚いものですよね。ところで、『全力を尽くす』って英語で何ていうのでしょう?“全力を尽くす” だから英語で devote bes…

円滑な人間関係を築くためには、あえて言いづらい事などをいかに印象よく伝えられるかが鍵となってきますよね。ところで、『あえて』って英語で何ていうのでしょう?“あえて” だから英語で wasting time?・…

さらに記事を表示する
ページ上部へ戻る