menu

外資系企業で働く英語力

カテゴリー:オフィスでの会話

ビジネスシーンでは、話を円滑に進めるためにあえて伏せておいたほうがいい情報も時にはあったりしますよね。ところで、『伏せる』って英語で何ていうのでしょう?“伏せる” だから英語で lie low?・・・…

どんな困難な状況にあっても揺るがない人って頼もしいですよね。ところで、『揺るがない』って英語で何ていうのでしょう?“揺るがない” だから英語で not move?・・・・・正解は、…

目標に向かって切磋琢磨するのはいい事ですが、時にはリラックスする時間も必要ですよね。ところで、『時には』って英語で何ていうのでしょう?“時には” だから英語で in timing?・・・・…

急遽夕方に頼まれた仕事だけど明日の朝一までに仕上げておかなきゃ・・・なんて急を要する依頼もたまにはありますよね。ところで、『朝一で』って英語で何ていうのでしょう?“朝一で” だから英語で morning firs…

プレゼンの最中などにいきなり予想外な質問をされて焦った・・・なんてことたまにありますよね。ところで、『焦る』って英語で何ていうのでしょう?“焦る” だから英語で hurry?・・・・・…

日々プロとしての自覚を持って仕事にあたる以上、どんな状況下においても揺るがない強いハートを持ち合わせていたいものですよね。ところで、『動じない』って英語で何ていうのでしょう?“動じない” だから英語で not m…

もっと早い段階で気づいていたらこんなことにはならなかったのに…なんて時間を戻したくなる状況ってたまにありますよね。ところで、『早い段階で』って英語で何ていうのでしょう?“早い段階で” だから英語で early t…

「責任は俺が取るから思いっきりやれ!」と言って判断を部下に一任する責任感のある上司って素敵ですよね。ところで、『責任を取る』って英語で何ていうのでしょう?“責任を取る” だから英語で get charge?…

どんな状況下においても、常に相手のことを思いやれる人はとても素敵ですよね。ところで、『立場になる』って英語で何ていうのでしょう?“立場になる” だから英語で become position?・・・…

"わざわざ"という言葉はねぎらいの言葉になったり、手間をかけるというネガティブな印象になったりと、様々な意味合いで使われる事があるため目上の人に使う際は気をつけたいものですね。ところで、『わざわざ』って英語で何ていう…

さらに記事を表示する
ページ上部へ戻る