menu

外資系企業で働く英語力

『~の範囲まで』って英語でなんていうの?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加





仲のいいお客さんなどに自社の状況を話す時、どの範囲まで情報を
共有してもいいのか気を使う時ってたまにありますよね。
ところで、『~の範囲まで』って英語で何ていうのでしょう?

“~の範囲まで” だから英語で to this range?





正解は、トゥー ザ イクステント 『to the extent』といいます。

 




例文

I’m using personal information to the extent permitted by my company.

(会社に認められている範囲内で個人情報を利用する。)
※to the extent (熟) ~の程度まで、~の範囲まで
※permit (動) 許可する、容認する

We can offer a bargain to the extent of our competitor’s prices.

(他社製品と同じ価格の範囲までバーゲン価格で提供いたします。)
※offer (動) ~を提供する

 
 

併せて覚えたい 
 

■最大限にと言いたい場合は、

We try to offer a discount to the utmost extent.

(可能な限り値引きさせていただきます。)
※to the utmost extent (熟) 最大限に、可能な限り

■どの程度か聞きたい場合は、

To what extent were you involved in this case?

(どの程度この件に関与していますか?)
※involve (動) ~に関与する

To which extent would you be willing to help me?

(どの程度までお手伝いいただけますか?)

 
 
いかがでしたか?
明日から早速使ってみましょう!

関連記事

  1. 『カンパする』って英語でなんていうの?

  2. 『結果を出す』って英語でなんていうの?

  3. 『顧客を満足させる』って英語でなんていうの?

  4. 『取り組む』って英語でなんていうの?

  5. 『納期』って英語でなんていうの?

  6. 『偏見』って英語でなんていうの?

おすすめ記事

  1. ブログコンセプトについて
ページ上部へ戻る