menu

外資系企業で働く英語力

『~のことになると』って英語でなんていうの?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加





「マクロのことになると彼の右に出るものはいないよ。」などという、
誰かを褒めたい時に使う表現ってありますよね。
『~のことになると』って英語で何ていうのでしょう?

“~のことになると” だから英語で with that thing?





正解は、ウェン イット カムズ トゥー 『when it comes to』といいます。

 




例文

When it comes to advertising, no one surpasses him.

(広告に関しては彼の右に出るものはいない。)
※when it comes to (熟) ~に関して言えば、~のことになると
※surpass (動) ~に勝る、~を上回る

When it comes to business, he gets passionate easily.

(ビジネスのことになると、彼はすぐに熱くなる。)
※passionate (熟) 熱くなる、興奮する

 
 

併せて覚えたい 
 

■他の言い方で表現したい場合は、

The conclusion with respect to the new entry hasn’t been completed.

(新規参入に関する結論はまだ出ていない。)
※conclusion (名) 結論、決定
※with respect to (熟) ~に関して、~について
※new entry (名) 新規参入

We haven’t decided anything about the agenda of the meeting next week.

(来週の会議の議題に関してはまだ何も決まっていない。)
※about (前) ~に関して、~について
※agenda (名) 議題、課題

Regarding the possibility of a merger is half and half.

(合併の可能性に関しては半々だ。)
※regarding (前) ~に関して、~の点で

 
 
いかがでしたか?
明日から早速使ってみましょう!

関連記事

  1. 『ターゲットを絞る』って英語でなんていうの?

  2. 『具体的な』って英語でなんていうの?

  3. 『放置する』って英語でなんていうの?

  4. 『締切に間に合わせる』って英語でなんていうの?

  5. 『しぶしぶ』って英語でなんていうの?

  6. 『顧客を引き継ぐ』って英語でなんていうの?

おすすめ記事

  1. ブログコンセプトについて
ページ上部へ戻る