menu

外資系企業で働く英語力

『醍醐味』って英語でなんていうの?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加





仕事をする醍醐味というのは、職種や環境によって人それぞれですよね。
ところで、『醍醐味』って英語で何ていうのでしょう?

“醍醐味” だから英語で special taste?





正解は、ザ ベスト パート オブ 『the best part of ~』といいます。

 




例文

The best part of working is having responsibility.

(仕事の醍醐味は責任を持つというところにある。)
※the best part of ~ (熟) ~の醍醐味
※responsibility (名) 責任

The best part of a life is choosing the right answer by myself.

(人生の醍醐味は自分で正解を決めることだ。)

 
 

併せて覚えたい 
 

The best part of sales is that you can hear the client’s good feedback directly.

(営業の醍醐味は直接クライアントの喜ぶ声が聞けることだ。)
※feedback (名) 意見、評価

The best part of working at a foreign company is that you can share various sets of values.

(外資系企業で働く醍醐味は多様な価値観を共有できることだ。)
※various (形) さまざまな
※sets of values (名) 価値観

■他の言い方で表現したい場合は、

I could experience real joy by working at this company.

(この会社で働くことで本当の喜びを味わうことができた。)
※real joy (名) 本当の喜び、醍醐味

 
 
いかがでしたか?
明日から早速使ってみましょう!

関連記事

  1. 『パソコンが固まった』って英語でなんて言うの? 

  2. 『~に伴い』って英語でなんていうの?

  3. 『前提』って英語でなんていうの?

  4. 『御社にお伺いしたいのですが』って英語でなんていうの?

  5. 『心を掴む』って英語でなんていうの?

  6. 『型破りな』って英語でなんていうの?

おすすめ記事

  1. ブログコンセプトについて
ページ上部へ戻る