menu

外資系企業で働く英語力

『脱線する』って英語でなんていうの?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加





話したい内容が多すぎて、途中で話が色々な所に脱線してしまい、
ついつい話が長くなってしまう人ってたまにいますよね。
ところで、『脱線する』って英語で何ていうのでしょう?

“脱線する” だから英語で out of line?





正解は、ゴー オフ ザ レイルズ 『go off the rails』といいます。

 




例文

I’m sorry for going off the rails.

(話が脱線してしまいすいません。)
※go off the rails (熟) 脱線する

She tends to go off the rails all the time.

(彼女はいつも話が脱線する傾向にある。)
※tend to (熟) ~する傾向がある

 
 

併せて覚えたい 
 

■他の言い方で表現したい場合は、

I can’t help running off track when I make a presentation.

(プレゼンをしていると、つい話が脱線してしまう。)
※run off the track (熟) 脱線する

He always gets off the subject.

(彼はいつも話が脇道にそれる。)
※get off (句動) 外す

■話を元に戻すと言いたい場合は、

Let’s bring the conversation back on track.

(会話の内容を元に戻しましょう。)
※back on track (熟) 軌道に戻す

 
 
いかがでしたか?
明日から早速使ってみましょう!

関連記事

  1. 『戦略を練る』って英語でなんていうの?

  2. 『結論を急ぐ』って英語でなんていうの?

  3. 『気心が知れている』って英語でなんていうの?

  4. 『大文字』って英語でなんていうの?

  5. 『仮説をたてる』って英語でなんていうの?

  6. 『話をハッキリさせる』って英語でなんていうの?

おすすめ記事

  1. ブログコンセプトについて
ページ上部へ戻る