menu

外資系企業で働く英語力

『考慮する』って英語でなんていうの?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加





ビジネスをするうえで、周りの意見やお客様の希望など、様々な要素を考慮して
仕事を進めていかなければいけませんよね。
ところで、『考慮する』って英語で何ていうのでしょう?

“考慮” だから英語でthought?





正解は、テイク イントゥー アカウント 『take into account』 といいます。

 




例文

I proceeded with the meeting taking into account the opinions of the participants.

(出席者の意見を考慮しながら会議を進めた。)
※proceed (動) 進む、前進する
※take into account (熟) ~を考慮に入れる
※participant (名) 参加者

We are going to make plans taking various aspects of customer’s feedback into account.

(お客様のフィードバックなどの様々な要素を考慮して計画を立てる。)
※various (代) 様々な、多方面の
※aspect (名) 側面、局面
※feedback (名) フィードバック、評価

 
 

併せて覚えたい 
 

■他の言い方で表現したい場合は、

Please make a decision after thinking it over well enough.

(十分に考慮したうえで決めてください。)
※make a decision (熟) 決心する、決定する
※think over (熟) ~のことをよく考える、熟考する

■好みを考慮に入れると言いたい場合は、

We made a proposal taking the client’s preferences into account in advance.

(あらかじめ顧客の好みを考慮に入れた上で提案をした。)
※proposal (名) 提案書、企画書
※preference (名) 好み
※in advance (熟) 前もって、あらかじめ

■値切り交渉を考慮に入れると言いたい場合は、

You should set the prices taking into account bargain negotiations from client.

(値切られることを考慮に入れて価格設定をする必要がある。)
※bargain negotiations (名) 値切り交渉

 
 
いかがでしたか?
明日から早速使ってみましょう!

関連記事

  1. 『~のことになると』って英語でなんていうの?

  2. 『接戦』って英語でなんていうの?

  3. 『想像する』って英語でなんていうの?

  4. 『斬新』って英語でなんていうの?

  5. 『顧客のニーズを把握する』って英語でなんていうの?

  6. 『間に合う』って英語でなんていうの?

おすすめ記事

  1. ブログコンセプトについて
ページ上部へ戻る