menu

外資系企業で働く英語力

『秀逸』って英語でなんていうの?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加





会議などで秀逸なアイディアを出すためには、日ごろから知見を広めておくことが大事ですよね。
ところで、『秀逸』って英語で何ていうのでしょう?

“秀逸” だから英語で cool?





正解は、ブリリアント 『brilliant』 といいます。

 



例文

The plan he submitted is brilliant.

(彼の提出したプランは秀逸だ。)
※brilliant (形) 秀逸な、優秀な

例文

This product is high-priced, but the design is brilliant.

(この製品は価格は高いが、デザインについては秀逸です。)

 
 

併せて覚えたい 
 

■他の言い方で表現したい場合は、

His information-processing capacity is superb.

(彼の情報処理能力は素晴らしい。)
※information-processing capability (名) 情報処理能力
※superb (形) 素晴らしい、最高の

He did a stupendous job in only one night.

(彼はたった一晩でものすごい仕事をやってのけた。)
※stupendous (形) 並外れた、素晴らしい

 
いかがでしたか?
明日から早速使ってみましょう!

関連記事

  1. 『推測』って英語でなんていうの?

  2. 『~することにしている』って英語でなんていうの?

  3. 『焦る』って英語でなんていうの?

  4. 『意味がない』って英語でなんていうの?

  5. 『頭から離れない』って英語でなんていうの?

  6. 『禁止されている』って英語でなんていうの?

おすすめ記事

  1. ブログコンセプトについて
ページ上部へ戻る