menu

外資系企業で働く英語力

『禁止されている』って英語でなんていうの?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加





会社の中には色々細かい取り決めがあり、大目に見てもらえることと
絶対に禁止されている規則がありますよね。
ところで、『禁止されている』って英語で何ていうのでしょう?

“禁止されている” だから英語で never?




正解は、プロヒビット『prohibit』といいます。

 




例文

You are prohibited to eat or drink in the meeting room.

(会議室で飲食することは禁止されています。)
※prohibit (動) 禁止する

We are prohibited to use cellphones in the office.

(オフィス内で携帯電話を使用することは禁止されています。)

 
 

併せて覚えたい 
 

■他の言い方で表現したい場合は、

Smoking is banned in this building.

(この建物内で喫煙することは禁止されています。)
※ban (動) ~を禁じる

It is forbidden for anyone to enter the company building after 23:00 p.m.

(23時以降の会社への立ち入りを禁止しています。)
※forbid (動) ~を禁じる

■自発的と言いたい場合は、

That is a taboo subject in front of the boss.

(上司の前でその話題はタブーです。)
※taboo (形) 禁止された、タブーの

 
 
いかがでしたか?
明日から早速使ってみましょう!

関連記事

  1. 『新人に仕事を教える』って英語でなんていうの?

  2. 『不景気』って英語でなんていうの?

  3. 『誇張する』って英語でなんていうの?

  4. 『迎えに行く』って英語でなんていうの?

  5. 『書類のコピーを取る』って英語でなんていうの?

  6. 『あえて』って英語でなんていうの?

おすすめ記事

  1. ブログコンセプトについて
ページ上部へ戻る