menu

外資系企業で働く英語力

『状況下』って英語でなんていうの?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加





デキるビジネスマンならば、どんな状況下にあっても
冷静沈着に対処したいものですよね。
ところで、『状況下』って英語で何ていうのでしょう?

“状況下” だから英語で below the status?




正解は、アンダー ザ サーカムスタンス 『under the circumstance』といいます。

 




例文

It’s difficult to give an answer under the circumstance.

(その状況下で答えを出すのは難しい。)
※under the circumstance (熟) 状況下

Customers are the top priority under any circumstance.

(どんな状況下においてもお客様が優先第一です。)

 
 

併せて覚えたい 
 

■他の言い方で表現したい場合は、

Given the present circumstance, that method is the best way to solve the problem.

(現状ではその方法が問題を解決するのにベストなやり方です。)
※given the present circumstance (熟) 現状では

■現状の厳しい状況ではと言いたい場合は、

Under the current severe situation, we won’t be paid bonuses this year.

(現状の厳しい状況では、今年はボーナスはもらえないだろう。)
※under the current severe situation (熟) 現状の厳しい状況で

■状況が整っていればと言いたい場合は、

That plan will be possible if under the right conditions.

(状況が整っていればその計画は実現可能でしょう。)
※under the right condition (熟) 状況が整っていれば

 
 
いかがでしたか?
明日から早速使ってみましょう!

関連記事

  1. 『あえて』って英語でなんていうの?

  2. 『奮い立たせる』って英語でなんていうの?

  3. 『仕上げる』って英語でなんていうの?

  4. 『予算を組む』って英語でなんていうの?

  5. 『仕事を引き継ぐ』って英語でなんていうの?

  6. 『現場』って英語でなんていうの?

おすすめ記事

  1. ブログコンセプトについて
ページ上部へ戻る