menu

外資系企業で働く英語力

『気心が知れている』って英語でなんていうの?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加





初めは緊張の連続だった新規のお客様とも、年月を重ねるごとにお互い気心が知れオープンな関係になっていきますよね。
ところで、『気心が知れている』って英語で何ていうのでしょう?

“気心” は英語で congenial?





正解は、ノウ サムワン インサイド アウト『know someone inside out』といいます。

 




例文

It’s very comfortable negotiating with old customers because I know them inside out.

(気心の知れているお客さんとの交渉は楽でいい。)
※comfortable (形) 容易にこなせる、簡単にできる
※negotiate (動) 交渉する、協議する 
※know inside out (熟) 気心が知れている、~について隅から隅まで知っている

We should draw a boundary even though we know each other inside out.

(気心の知れた仲でも境界線は引くべきだ。)
※draw (動) ~を引く
※boundary (名) 境界線

 
 

併せて覚えたい 
 

■他の言い方で表現する場合は、

Jill and I completely understand each other’s thoughts.

(ジルと私は互いによく気心の知れた仲だ。)
※completely (副) 完全に、徹底的に、すっかり
※understand one’s thoughts (熟) 気心が知れている、考えを理解している

He is the only one I get along with in this company.

(彼は会社で唯一気心の知れた仲間だ。)
※get along with (句動) ~と良い関係にある、~と気が合う

■隅から隅まで知っていると言いたい場合は、

I know our company’s stock price information inside out.

(自社の株価情報については隅から隅まで知っている。)
※stock price information (名) 株価情報

 
 

いかがでしたか?
明日から早速使ってみましょう!

関連記事

  1. 『曖昧』って英語でなんていうの?

  2. 『わざと』って英語でなんていうの?

  3. 『出てくる』って英語でなんていうの?

  4. 『カンパする』って英語でなんていうの?

  5. 『飛び込み営業をする』って英語でなんていうの?

  6. 『クリック率』って英語でなんていうの?

おすすめ記事

  1. ブログコンセプトについて
ページ上部へ戻る