menu

外資系企業で働く英語力

『当然』って英語でなんていうの?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加





社員として与えられた権利を行使するのは当然のことですよね。
ところで、『当然』って英語で何ていうのでしょう?

“当然” だから英語で?




正解は、ノー サプライズィス 『no surprises』といいます。

 



例文

No surprises that he will be promoted.

(彼が昇進するのは当然だ。)
※no surprises (熟) 当然
※promote (動) 昇進させる

No surprises that she was selected by the manager.

(彼女がマネージャーに選ばれるのは当然だ。)
※select (動) 選び出す

 
 

併せて覚えたい 
 

■他の言い方で表現したい場合は、

Of course traffic expenses will be paid.

(当然交通費は出ます。)
※traffic expenses (名) 交通費

It makes sense that she became angry.

(彼女が怒るのも当然だ。)
※make sense (句動) 当然である、道理にかなう

You have a right to use a paid day off as an employee.

(有給休暇を使うのは社員として当然だ。)
※have a right (熟) 権利を持っている、当然である
※paid day off (名) 有給休暇

 
いかがでしたか?
明日から早速使ってみましょう!

関連記事

  1. 『何か出来ることはありますか?』って英語でなんていうの?

  2. 『部下を思いやる』って英語でなんていうの? 

  3. 『曖昧』って英語でなんていうの?

  4. 『直接会う』って英語でなんていうの?

  5. 『平凡な』って英語でなんていうの?

  6. 『大胆な』って英語でなんていうの?

おすすめ記事

  1. ブログコンセプトについて
ページ上部へ戻る