menu

外資系企業で働く英語力

『型破りな』って英語でなんていうの?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加





会社で集団行動をする上で規則に従うことは大事ですが、たまには
型破りな発言や行動が必要な時もありますよね。
ところで、『型破りな』って英語で何ていうのでしょう?

“型破りな” だから英語で frame break?




正解は、アウト オブ ザ ボックス『out of the box』といいます。

 




例文

You need to think out-of-the-box sometimes.

(たまには型破りな発想も必要だ。)
※out-of-the-box (形) 型破りな、革新的な

His out-of-the-box remarks surprised his boss.

(彼の従来の枠にとらわれない発言は上司を驚かせた。)
※remark (名) 意見、所見

 
 

併せて覚えたい 
 

■他の言い方で表現したい場合は、

Nobody will follow you with such an unorthodox manner.

(そんな型破りなやり方では誰もついてきませんよ。)
※unorthodox (形) 型破りな、異例の

He got his client to sign the contract with an unconventional approach.

(彼は型破りな手法でお客様から契約書にサインをもらった。)
※unconventional (形) 伝統にとらわれない、型破りな

Everyone was surprised at the offbeat design of the company headquarter’s building.

(型破りなデザインをした本社ビルに皆驚いた。)
※offbeat (形) 普通と異なる

 
 
いかがでしたか?
明日から早速使ってみましょう!

関連記事

  1. 『価格競争』って英語でなんていうの?

  2. 『自己中』って英語でなんていうの?

  3. 『上司を説得する』って英語でなんていうの?

  4. 『ミスの埋め合わせをする』って英語でなんていうの? 

  5. 『価格交渉』って英語でなんていうの?

  6. 『手段』って英語でなんていうの?

おすすめ記事

  1. ブログコンセプトについて
ページ上部へ戻る