menu

外資系企業で働く英語力

『可能性がある』って英語でなんていうの?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加





お客様に提案をする時などは、様々な可能性を考慮して複数のシナリオを用意しておく必要がありますよね。
ところで、『可能性がある』って英語で何ていうのでしょう?

“可能性がある” だから英語で likely happening?




正解は、ポシビリティ 『possibility』 といいます。

 



例文

That plan has possibilities of over-budgeting.

(その案は予算オーバーの可能性がある。)
※possibility (名) 可能性、実現性
※over-budget (副) 予算オーバーの

This business model runs the possibility of violating a law.

(このビジネスモデルは法に触れる可能性がある。)
※violate (動) 違反する、法を犯す
※law (名) 法律、司法

 
 

併せて覚えたい 
 

■他の言い方で表現したい場合は、

This idea doesn’t have the potential of overlapping with other companies’ ideas.

(このアイディアが他社のものと被る可能性はない。)
※have the potential of~ (熟) ~する可能性がある
※overlapping (名) 重複

This task has potential to be outsourced in the future.

(この作業は将来的に外注する可能性がある。)
※potential (名) 将来性、可能性
※outsource (名) 外注

 
いかがでしたか?
明日から早速使ってみましょう!

関連記事

  1. 『関係者』って英語でなんていうの?

  2. 『販路』って英語でなんていうの?

  3. 『予定を組む』って英語でなんていうの?

  4. 『防ぐ』って英語でなんていうの?

  5. 『はかどる』って英語でなんていうの?

  6. 『書類のコピーを取る』って英語でなんていうの?

おすすめ記事

  1. ブログコンセプトについて
ページ上部へ戻る