menu

外資系企業で働く英語力

『余波』って英語でなんていうの?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加




いったん企業の不祥事が明るみに出てしまうと、株価が下落したり契約打ち切りなどその余波は計り知れないものになってしまいますよね。
ところで、『余波』って英語で何ていうのでしょう?

“余波” だから英語で left wave?





正解は、アフターマス『aftermath』といいます。

 



例文

It seems like the aftermath of the appreciation of the Japanese yen is remaining steady.

(円高の余波がまだ残っているようだ。)
※aftermath (名) 余波、影響
※appreciation (名) 上昇、高騰
※remain (動) 残る、滞在する

In the aftermath of the server being down, a lot of employees have to work overtime today.

(サーバーダウンの余波で今日は大勢の社員が残業をしなければならない。)
※overtime (名) 残業

 
 

併せて覚えたい 
 

■余波を受けると言いたい場合は、

In the aftermath of the merger, the atmosphere of the office has become uncomfortable.

(合併の余波を受けて、社内の雰囲気が悪い。)
※in the aftermath (熟) 余波を受けて、その影響で
※atmosphere (名) 雰囲気、空気
※uncomfortable (形) 気まずい、落ち着かない

In the aftermath of the big earthquake, a lot of subcontractors went bankrupt.

(大地震の余波を受けて、沢山の下請け企業が倒産した。)
※subcontractor (名) 下請け業者
※go bankrupt (熟) 破産する、倒産する

■他の言い方で表現したい場合は、

Let’s think of ways to minimize the aftereffects of the company’s scandal.

(まずは会社のスキャンダルの余波を最小限に抑える方法を考えよう。)
※minimize (動) ~を最小限に抑える
※aftereffect (名) 余波

 
いかがでしたか?
明日から早速使ってみましょう!

関連記事

  1. 『その通り』って英語でなんていうの?

  2. 『気心が知れている』って英語でなんていうの?

  3. 『偏見』って英語でなんていうの?

  4. 『ますます』って英語でなんていうの?

  5. 『何か出来ることはありますか?』って英語でなんていうの?

  6. 『一致する』って英語でなんていうの?

おすすめ記事

  1. ブログコンセプトについて
ページ上部へ戻る