menu

外資系企業で働く英語力

『今日はこれまでにしよう』って英語でなんていうの?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加





白熱した討論の最中、ふと時計に目をやったらとっくに予定の時間を過ぎていた…なんてことありますよね。今日はこれでおひらきにしよう、といった空気が一気に社内に広がります。
ところで、『今日はこれまでにしよう』って英語で何ていうのでしょう?

“今日はこれまでにしよう” だから英語で let’s stop today?





正解は、ラップ アップ トゥディ『wrap up today』といいます。

 




例文

Let’s wrap up today.

(今日はこれで終わりにしよう。)
※wrap up (熟) まとめる、締めくくる

Why don’t we wrap up today’s meeting?

(今日のミーティングはこれまでにしようか。)

 
 

併せて覚えたい 
 

■営業ミーティングを終わらせると言いたい場合は、

Shall we wrap up the sales meeting by 12:00?

(営業ミーティングを12時までに終わらせませんか?)

■すぐに終わらせると言いたい場合は、

I’ll wrap this up quickly.

(すぐに終わらせます。)
※quickly (副) すぐに

■他の言い方で表現したい場合は、

Let’s call it a day.

(今日はこれで終わりにしよう。)
※call it a day (熟) 終わりにする、切りあげる

 
 
いかがでしたか?
明日から早速使ってみましょう!

関連記事

  1. 『アポが被っている』って英語でなんていうの?

  2. 『一致する』って英語でなんていうの?

  3. 『広告キャンペーンを打つ』って英語でなんていうの?

  4. 『今度でいい』って英語でなんていうの?

  5. 『悪化する』って英語でなんていうの?

  6. 『逆効果』って英語でなんていうの?

おすすめ記事

  1. ブログコンセプトについて
ページ上部へ戻る