menu

外資系企業で働く英語力

『アポが被っている』って英語でなんていうの?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加





約束の日にちも迫り、手帳を再度確認したらなんと同じ日の同じ時間に二件のアポが!背中に感じる冷や汗…。ついうっかりしていてこんな経験をしたことがある方も多いのでは?
ところで、『アポが被る』って英語で何というのでしょう?

“被る” は英語でoverlap?





正解は、ダブル ブック『double-book』といいます。

 




例文

I double-booked the appointment with the customers.
I’ll have to cancel one side.

(アポが被っちゃった!片方をキャンセルしなきゃ。)
※double-book (動) 重複して予約を受ける、ダブルブッキング
※one side (名) 片側

Doing double-booking is very rude to the customers.

(ダブルブッキングをするなんてお客様にとても失礼だ。)
※rude (形) 無礼な、無作法な

 
 

併せて覚えたい 
 

■謝罪の電話とメールをいれる場合は、

I made a call and sent an email apologizing for the double-booking.

(ダブルブッキングの謝罪の電話とメールを入れた。)

■対策を講じる場合は、

I have to take measures not to double-book again.

(二度とダブルブッキングを繰り返さない対策をしなければ。)
※take measures (句動) 対策を講じる、手段を取る

■アポの再調整をする場合は、

I should ask my customer to readjust their schedule.

(アポのスケジュール調整を先方に依頼しないと。)
※readjust (動) 再調整する

 
 

いかがでしたか?
明日から早速使ってみましょう!

関連記事

  1. 『彼が適任です』って英語でなんて言うの? 

  2. 『二番煎じ』って英語でなんていうの?

  3. 『合理化する』って英語でなんていうの?

  4. 『動じない』って英語でなんていうの?

  5. 『気心が知れている』って英語でなんていうの?

  6. 『はかどる』って英語でなんていうの?

おすすめ記事

  1. ブログコンセプトについて
ページ上部へ戻る